血液サラサラ 納豆

納豆の事実!血液サラサラに関する真逆の作用とは

一般的に納豆は健康食品と考えられ、血液サラサラにする効果があると知られています。テレビや雑誌でも時々紹介されますね。

 

納豆は確かに健康に良い食べ物だと思います。納豆は血液をサラサラにする食べ物だと言われていますが、一方では血液を固まらせる食べ物だとも言われています。真逆の二つの効果が納豆にはあるということなのでしょうか。納豆の気になる事実について考えていきたいと思います。

 

納豆の血液サラサラ成分「ナットウキナーゼ」

納豆が血液サラサラ効果のある食べ物だとされている理由は、納豆に含まれている酵素の「ナットウキナーゼ」の働きからです。ナットウキナーゼには血栓を溶かす働きがあるとされているのですが、実際にはこの働きはまだ科学的に証明されているものではないのです。なぜならば、納豆を食べるとナットウキナーゼは血管に吸収される前に分解されてしまうからです。

 

なぜ分解されてしまうとされているのかというと、ナットウキナーゼが納豆を食べた人の血液の中から検出されたことがないからです。血栓を溶かすためには血液中に入らなくてはならないので、血液中にさえ入っていないということはナットウキナーゼが直接的に血栓を溶かすとは考えにくいのです。

 

しかし納豆に含まれているナットウキナーゼは腸内にあるプロウロキナーゼ活性化酵素という血栓溶解酵素を活性化させて血栓を溶かすのではないかという説もあります。
(参考URL 【オーガニックヘルシーレストラン】)

 

どちらにしても、まだ詳しく解明されていないことです。納豆のナットウキナーゼの働きは科学的にはっきりとした根拠がまだ解明はされていないけれど、納豆は血液サラサラになるとされているという不思議な食べ物なのです。

 

納豆の固める力は血液サラサラと正反対

心臓の病気などがあると血栓ができないように「ワーファリン」という抗凝固剤を内服する必要がある場合があります。抗凝固剤というのは血液をサラサラにする薬です。この薬を飲んでいると納豆などのビタミンKを含む食品を制限されるようになります。

 

それはなぜかというと、納豆などに含まれているビタミンK2は「止血ビタミン」とも言われる血液を固める作用のあるビタミンだからです。血液サラサラとは真逆の作用です。しかし、ビタミンK2は正常に流れている血液を固めるということはないとされています。納豆は血液サラサラの力と血液を固まらせる力がある、やはり不思議な食べ物なのです。

 

ただし、納豆が血液を固まらせる効果を発揮してしまうのはワーファリンを内服している人だけです。基本的には、血液をサラサラにする効果が期待されており、夕食後や就寝前にナットウキナーゼを取ると良いとされています。
日本ナットウキナーゼ協会

 

納豆は血液サラサラ以外でも健康的

納豆の血液サラサラ効果について考えると、人によってさまざまな意見が出てくると思います。
しかし、納豆は基本的に栄養素が豊富に含まれているので健康には良い食べ物だということは事実です。最近ではナットウキナーゼが含まれているサプリメントなどもよく見かけますよね。

血液サラサラ 納豆